タイミングを確認して行なうハチ退治|危険度が低い方法で行なう

駆除業者

最適な時期は5月頃です

ハチ

女王蜂が単独の時が狙いめ

人間とハチの関係は古くから続いており、樹木や農作物を生産する上では害虫の天敵となり、漢方薬の原料、内陸地では貴重な蛋白源となってきました。しかし、都市化した住宅地でハチが大きな巣を作ると非常に危険です。家の敷地内や人間が届くところにハチが巣を作ってしまうと、不本意ながら人間がハチを刺激する機会が増えるためハチの攻撃性は高まり人への被害が心配です。まず、ハチの攻撃性を知りましょう。大きく分けて3つの種類に分類できます。攻撃性が高く毒性も高いために被害が出やすく悪名高いスズメバチ、庭木の枝など身近で目につきやすいところに巣を作るアシナガバチ、それから蜜をあつめるハナバチです。スズメバチもアシナガバチも女王蜂は攻撃をしません。単独で巣を営んでいる時点では攻撃してきませんので、単独で巣作りをしているとき=早期に発見して退治するのが安全です。

時期を逃してしまったら

女王蜂は攻撃をしませんので、幸運にも単独で巣作りをしている時点で蜂の巣を見つけたら退治のチャンスです。巣に向けて市販の殺虫剤を十分に噴霧してから叩き落してしまえば問題ありません。女王蜂不在ですと女王蜂は巣を見失いほかの場所に新たに巣を作りますが、人間が近づかない場所に巣を作ってくれれば問題はありません。しかし、蜂の巣というものは、ほとんどの場合に働き蜂が増え、巣も大きく育ち、賑わい始めてから見つかります。働き蜂が増え、攻撃性も高まっている状況ですと、(土の中に巣を作るスズメバチの巣を踏んでしまった・木にあるアシナガバチの巣にぶつかった)などの少しの刺激でハチは巣を守るために張り切って人間を攻撃します。ハチは殺虫剤に弱いので市販の殺虫剤がハチ自身に触れれば死んでしまい退治できますが、攻撃性の高まった状態では素人が安全に退治するのは困難を極めます。5月頃冬眠からさめた女王蜂が作り始めた巣を退治しそこなったら専門家に相談するのが安心です。

屋根の上での被害

ハト

鳩が羽休めをしている屋根では、糞が散らばることになります。高所なので駆除は困難ですが、鳩の苦手な匂いを発する駆除剤を軒下などに吊るしておけば、追い払うことができます。ただし巣が作られた場合は、専門家に駆除してもらう必要があります。専門家は、巣を除去した上で、鳩が戻ってこないような対策もおこないます。

もっと読む

安全で確実なハチ対策

蜂の巣

ハチの巣の駆除は、駆除するハチの種類によって異なる方法がとられる場合があります。大きさがあまり大きくないものの場合には、撤去することもできます。安全に撤去したい場合には専門の業者に依頼するほうが確実です。

もっと読む

南京虫と闘う

南京虫

家庭での南京虫駆除には、有機リン系の殺虫剤が有効です。布団についた南京虫には、スチームによる加熱が有効です。また、家具にも粘着トラップを装着し、南京虫の付着を防ぐことも、南京虫の駆除には、大変有効な手段です。

もっと読む